くらべてみよう!ネリネとリコリス

花をくらべる

ネリネとリコリス、花は良く似ています。

ネリネ

ネリネ 大山(オオヤマ)
ネリネ 大山(オオヤマ)
ネリネ 箱根(ハコネ)
ネリネ 箱根(ハコネ)

リコリス

リコリス 深雪(ミユキ)
リコリス 深雪(ミユキ)
リコリス スプレンギツネ
リコリス スプレンギツネ
ネリネ 大山
ネリネ 箱根
このキラキラがネリネの一番の魅力!

花びらがキラキラと光っています。
ネリネはお花屋さんで「ダイヤモンド・リリー」とも
呼ばれています。

葉をくらべる

葉を比べる図 ネリネとリコリスでは葉っぱが出てくるタイミングが違います

ネリネは花芽が上がるとほぼ同時に葉が出ますが、リコリスは花が咲いた後もしくは早春に葉が出ます。
お彼岸頃に咲くリコリスの仲間のヒガンバナには「葉見ず花見ず」というニックネームがあり、これは花が咲いている時には葉がなくて、葉が出ている時には花は咲かないという性質を表しています。

性質/原産地をくらべる

質/原産地をくらべる図

販売/出荷スケジュールをくらべる

AGSではネリネポット苗を神奈川県横浜市の花光園から、リコリス球根を埼玉県小川町の岡本自然農園からお届けしています。ネリネはポット苗で小売店などにも流通することを前提に生産していて、リコリスは岡本守夫氏が個人的に育種栽培を続けていたものを特別に販売しています。そのため販売・発送期間もそれぞれ異なります。欲しい!と思ったタイミングで入手しやすいほうを選ぶのもオススメです。

ネリネポット苗の販売・出荷スケジュール リコリス球根の販売・出荷スケジュール
花光園 生産者:中村氏についてはコチラ 岡本自然農園 生産者:岡本氏についてはコチラ